FC2ブログ
2018
09.29

ドント・ルック・バック・イン・アンガー

 こんにちは 森田です
 ご乗車ありがとうございます。

 今週は事務作業やら何やらとフロア以外の作業が多く、気がつけば
 写真を1枚も撮らずに終わってしまいました

 仕方がないので、デイサービスとか高齢者とか、認知症等にまつわる『おもしろい話』や『ちょっといい話』、『ためになる話』を上手いことまとめて書こうとしていましたが、それはぼく(森田)の言葉ではないですし、このラベンダー号の役割ではないな、と思って途中で書くのを止めました。

 申し訳ありませんが、今週の『回想列車 ラベンダー号』は運休とさせていただきます

 代わりといっては何ですが、
 家のパソコンの中を探っていたら、昔書いたしょうもない日記みたいなのが出てきましたので、掲載しておきます。一応『ラベンダーにまつわる話』ではあるかな・・・。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」

 午後7時、戸締りを確認して転送電話をセットし会社を出た後、最寄りのJR港南台駅までT社長の車で送ってもらった。
 「お疲れ様でした。」
 去りゆくミニクーパーのテールに向かって頭を下げた後、ぼくは財布から回数券を出して、そそくさと駅の改札を抜け、ホームへ降りるエスカレーターに乗った。動き出したエスカレーターが階段1段分も下りないうちに、携帯電話を会社に忘れたことに気がつく。最後に置いた場所(タイムカード打刻機の横だ)も明確に思い出した。 やれやれ、せめて改札を抜ける前に気づかないものだろうかと、落ち着いたまま呆れた。

 「ホームでお待ちのみなさま、会社に携帯を忘れた阿呆の入場です。」

 と構内放送が入り、ぼくはゴンドラに乗った新郎のようにゆっくりとホームに降りていく。ホームの客たちはぼくを指差して笑っている。冷やかすように指笛を鳴らす者や、仄かに甘く匂う安い紙製のクラッカー。中国の旧正月のようなよくわからないパーカッションもカンカン鳴り響く中、ぼくは東海林太郎か藤山一郎よろしく、スーッと直立不動で降りていく。キツネ目の男が巨大な銅鑼をゴァーンと鳴らした。

 ひと通り、嫌な想像をし終わってもまだホームに着かないので、自らの足で2、3段歩いて降りた。すぐにくるりと踵を返し、上りのエスカレーターへ乗り込む。決して後ろは振り返らないし、怒りに転嫁してはならない。上り終える時もまた2、3段タタッと歩いて地上階へ戻った。
 駅員に事情を話し、改札の脇から外に出してもらった後、まだ近くにいるかもしれない社長に戻ってきてもらえないかと電話をしようと思い、少し緊張した。

 アホが。だからその電話がないのだ。

 気温も下がってきた午後7時半。ぼくは社長に送ってもらった道のりを、自分の足で走って戻ることにした。



 後に、ランニングを始めるきっかけになった事件。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 まつわってないか

 改めまして心よりお詫び申し上げます。
 来週は通常運行いたしますので、またのご乗車お待ちしております。

 それではまた来週!
 車掌 森田でした

(一応クリック等)お忘れ物の無いよう、
ご注意ください。
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
ありがとうございました
Comment:2  Trackback:0
2018
09.22

「へぇ~」より「そうそう」

 こんにちは 森田です
 ご乗車ありがとうございます。
うみはひろいな
 ようやく暑くない陽射しの季節になってきましたね
 空梅雨だった6月を含めると、かれこれ3か月以上暑かったことになります

・・・・・・・・・・・・・
長い夏でした
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
そしてリバウンドのような雨
・・・・・・・・・・・・・

 回想列車 ラベンダー号、
 まもなく発車します。

 

「回想法ライブラリー」
回想トーーク1
 9月に入ってしばらく経ったある日、ラベンダーに郵送物が届きました。
 「送料201円お願いします」
 受け取ったのはC葉センセー。突然料金が発生する展開に驚いたのか、
 「え?、少々お待ちください。」
 と、レクリエーション進行中だったぼくのところへ来て、
 「森田さんこんなの頼みました?」
 と小包を持ってきました。宛名を見ると『NHK』とあります。何だこれ?と思いつつ記憶を遡ること2秒、「はっ!」と思い出しました。
 「そうそう、ぼくが頼んだやつです」
回想トーーク4
 NHKが介護施設向けに無料(送料は別)で貸し出ししている『回想法ライブラリー』。確か7月頃、新聞の折り込みチラシだったか何かで見つけて申し込んだのを、すっかり忘れていました。しかし、に、2か月後に届くとは・・・職員の『回想』も狙って遅らせていたらすごいですが、そんな訳ないか
回想トーーク6
 雨の一日となった木曜日(と金曜日)の午後、さっそくみなさんと見てみました
回想トーーク13
 DVD2枚組、一つのトピックで約3~5分程度の映像が年代別、ジャンル別、都道府県別等に分けられておよそ8時間分入っています。リマスタリングされた映像はとても鮮明ですし、音源も聞きやすく、邪魔にならないようなタイミングで解説も入っていて、とっても視聴しやすく工夫されています
回想トーーク10
 何より内容が素晴らしい
 戦中の子供たちの映像などはまさに、現在デイサービスに通っているみなさんとほぼ同世代なのでみなさん、
回想トーーク16
 そうそうそうそう!
 と共感の嵐でした
回想トーーク9
 1トピックが終わるごとに映像が止まり、その内容に関する『問いかけ』が出てきて、みなさんとおしゃべりする時間を設ける構成になっています。これは進めやすいですね
回想トーーク8
 カエル取り
 食用ガエルは当時一匹2円で売れたそうで、大の大人が泥だらけになって追いかけている画を見て、
回想トーーク11
 鉄人S藤さん(水色)も笑っちゃってます!
 その辺の『ストライクゾーン』の広さもこのDVDの良い所ですね
回想トーーク14
 M山さん(手前)もご自身の体験と併せてまさに『回想』していました
回想トーーク15
 TKJさん(95)はこのDVDに出てくる戦中戦後の子供たちよりもずっと年上なので、当時大人だった目線で振り返っていました
回想トーーク3
 みなさんとおしゃべりしながら進めたので、あっという間に時間も経ってしまいました。映像としては1時間分も見ていないので、まだまだ楽しめそうです

 進めていて気がつきましたが、みなさんが楽しそうな瞬間て、

 「へぇ~」
 よりも、
 「そうそう」

 なんですよね。
 もちろんこれは「昔懐かしい映像ですよ」と先にアナウンスしているので、ご利用者のみなさんも『そのつもり』で見ている、というのはありますが、長い長い人生を辿ってきたみなさんにとっては、真新しい驚きの映像と昔懐かしい映像を見比べた時、何というか『居心地がいい』のは後者の方ではないかと思います。

 脳内の書庫に眠る記憶の扉を開け、みなさんと『シェア』することで脳を活性化させて情緒を安定させる効果があると言われる回想法。その根底にあるのは『共感』と『承認欲求』です。

 Facebookやinstagramで『過去pic』と称して昔の写真をアップしている人がたくさんいますが、これも脳内を辿るルートは回想法と同じなんじゃないでしょうか。

 まぁ、この回想法をやり過ぎたからといって昨今言われている『SNS疲れ』のような『回想疲れ』は起こらないとは思いますが、DVDの映像もまだ7時間分以上も残っていますので、頃合いを見てまたみなさんとおしゃべりしたいと思います
回想トーーク12
 いいね!
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ギャラリー『3号車』

「Nobody knows」
どすこい体操1
 回想トークの後は少し身体を動かしましょう!ということで、女性スタッフ3人に
 「やり方は問いませんので、とにかく体を動かす時間を作ってください。」
 とお願いしました。まずはぐーーん!と伸びをしています。おや、後ろのテレビに何か映像が準備されていますねなんでしょうか?
どすこい体操2
 いきなり始まった『どすこい体操』に一同(スタッフ本人たち含む)唖然!何と誰も動きを把握していないという事態こんなのを『始められる』のはただ一人。。。
どすこい体操6
 (世界の)H田さんです
 しかし終わる頃にはみなさんも何とかなってしまい、けっこう仕上がって終わりました

 スゴいな~
 とりあえず始めてしまうそのハート、ぼくも欲しい・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今週の一枚。
「M川さんとマロンさん」
回想トーーク5
 カメラ目線のM川さん
 うしろで見守るマロンさんがなんと和ましい顔か

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 さてさて。
電チャリ
 初めて電動アシスト付き自転車を買いました
 いや~最近の電チャリはものすごいんですねーアシスト機能はもちろん、鍵もキーレスですし、子乗せシートのベルトもよ~く考えられています。

 これでまた休日が楽しくなりそうです
 明日はどこ行こうかな

 それではまた来週!
 車掌 森田でした

(クリック等)お忘れ物の無いよう、
ご注意ください。
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
ありがとうございました
Comment:2  Trackback:0
2018
09.15

いつまでも99歳差で

 こんにちは 森田です
 ご乗車ありがとうございます。
JR磯子駅前海側
 『仕事帰り』が暗くなってきました
 気づけば来週はもう、お彼岸ですね。

・・・・・・・・・・・
朝も柔らかく。
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
太陽は低く、雲は高く
・・・・・・・・・・・

 回想列車 ラベンダー号、
 まもなく発車します。

 

「いつまでも99歳差で」
102歳と3歳3
 今週金曜日、ラベンダーの丘最高齢のご利用者であるY内さんのバースデーをお祝いしました。御年、
 102歳です!!
ケーキ_R
 今年のケーキは何と、写真プレート(食べられます)が付いています!ラベンダーBBQの時にノンアルコールビール片手に微笑むY内さんですさて、まずはみなさんでハッピーバースデーの歌でお祝いしましょう!といきたいところでしたが思わぬお邪魔が・・・・・・
102歳と3歳1
 レジェンドY内さんは1916年9月8日生まれ。そして私事で大変恐縮ですが、その99年後の2015年9月8日にぼくの娘は生まれました。端っこでマロン林さんに抱っこされていますが、超絶人見知り場所見知りである我が娘はフロア全体に響き渡る声でギャン泣き進行を妨げてしまい本当に申し訳ありませんでした
102歳と3歳2
 何とかみなさんでバースデーソングを歌い終えると、Y内さんは深々とお辞儀をしていましたギターも入り、娘も少し慣れてきたかな?と思い、ロウソクの火を一緒に消そうとしゃがんでみましたが・・・、
102歳と3歳4
 再び泣きじゃくり!!
 それでもY内さんはゆったりと招き入れてくれました
 じゃ、一緒に吹きますよ~、せ~の~
102歳と3歳5
 ふ~~~~
一応テーブルの下で娘も吹く真似はしているようです
102歳と3歳6
 最後の一本を吹き消すと、フロアからは割れんばかりの拍手が!!
花束贈呈1
 ここでご利用者を代表して、古くからのトランプ仲間でもあるH口さんに花束を渡していただきました自分よりも一回り以上年下のH口さんに深々と頭を下げるY内さん。本当にすてきです。
花束贈呈2
 着席し、改めてみなさまへ感謝の気持ちを述べるレジェンドY内さん。今年もお元気にバースデーを迎えられたその姿を見て涙ぐむ方、多数しかも、ぼくの娘の誕生日も絡めたお話もいただいたのに・・・、
花束贈呈3
 やっぱり泣いてしまいました
 ちなみに2年前、100歳と1歳の時はというと・・・、
2年前
 泣いていました
 偶然か、狙ってかは分かりませんが、Y内さんは100歳のお誕生日の日と同じシャツを着ています!
レジェンド囲み1
 さ、全員でY内さんを囲んで記念撮影といきましょう!
レジェンドと記念撮影1
 ケーキを食べた後は、みなさんの憧れ&目標であるY内さんと一緒にワイワイと撮影会になりました左端にはY内さんに次ぐ年齢であるTKJさん
レジェンドと記念撮影2
 K田さん(左)とAB名さん
レジェンドと記念撮影3
 いいショットだなー!
 ラベンダーの『トムとジェリー』SSさん(左)とH口さん。いつも仲良くケンカするこのお二人も、心からY内さんをリスペクトしています。
レジェンドと記念撮影7
 親子ほど年も離れているK名さん。いい顔!
レジェンドと記念撮影5
 「大好き」のメッセージと顔のギャップがものすごいH田さんが好きです
レジェンドと記念撮影8
 ようやくようやく慣れた(?)娘も何とか一緒に座り、一枚撮ることができました
花束贈呈5
 102歳の誕生日を迎え、歴代でもラベンダー史上最高齢のご用者となったY内さん。
 本当におめでとうございます
 これからもどうかどうかお元気で、ラベンダーの丘へいらしてください。

 そして帰り際までずっと、我が娘に柔らかく笑いかけて最後は握手までしていただき、ありがとうございました。来年のお誕生日も必ず(人見知りもなおして)連れてきますので、また一緒にお祝い出来たら最高に幸せです
ぐったり娘
 それではまた来週。
 車掌 森田でした

(クリック等)お忘れ物の無いよう、
ご注意ください。
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
おめでとうございます
Comment:2  Trackback:0
2018
09.09

夏バテ列車 

 こんにちは 森田です
 ご乗車ありがとうございます。
20180909_095614_R.jpg
 森田都合により、今週は短い車両でお送りします。
 ご了承ください

「火曜日の風船バレー(レシーブカウント)」 
日常ラベンダー1
 長い腕で制空権をとるAB名さん
日常ラベンダー2
 レシーブの手つきがいいM上さん
 昔やっていたのでしょうか

「水曜日のM坂さん」
日常ラベンダー3
 色鉛筆を何色も塗り重ね、つやのある濃い色に仕上げています
日常ラベンダー4
 芸術の秋。
 配色センスもすてきだ!

「温度差」
ごはん
 食欲の秋。
 熱いものは熱いうちに
 冷たいものは冷たいうちにどうぞ!
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 さてさて。
夏バテ
 夏バテ気味のため、今週は短めにお送りしました

 来週は通常運行いたします
 電車遅延(日曜更新)も重ねて、お詫び申し上げます

 それではまた来週!
 車掌 森田でした

(クリック等)お忘れ物の無いよう、
ご注意ください。
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
ありがとうございました
Comment:2  Trackback:0
2018
09.01

みんなで脳内シェア

 こんにちは 森田です
 ご乗車ありがとうございます。
港南台1830
 仕事帰り、18時30分。
 厳しい暑さが続いていますが、ちゃんと日は短くなってきているんですね。

・・・・・・・・・
猛烈台風接近中
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
史上最強クラス!
・・・・・・・・・

 回想列車 ラベンダー号、
 まもなく発車します。

 

「みんなで脳内シェア」
さんかく14
 この日のお題は『三角形』。
 3つのグループに分かれて、みなさんの脳内に思い浮かんだものをシェアしていきましょう。
さんかく4
 M坂さん(左)とAB名さん(右)の間で、Mっちゃんが書き出しています
 ちなみにスタッフは答えません。絵を描いたり、言葉でヒントだけ出します。
さんかく5
 ス:「京都の~ニッキ味の~お土産の~、何でしたっけ?」
 利:「八つ橋!」てな具合です
さんかく1
 ミニホワイトボードで筆談するO野君とH田さん。
さんかく3
 E氏、どうですか?
 「・・・。」
さんかく2
 M山さん(左)とTKJさん(右)に挟まれているのは新スタッフ、K藤さんです!
 デイ経験者ではありますが、みなさんのお顔と名前が一致しないうちは大変かと思いますゆっくりいきましょ~
さんかく10
 「うちの孫と同じくらいかな」と軽くデレデレするTKJさん(95)いいですよ~
さんかく6
 左手前はY内さん(101)。もう間もなく(102)になりますね
さんかく8
 『金曜姉妹』、姉のO野さん(左)と妹K名さん
さんかく9
 何だかよく分かりませんが、ジェスチャーでヒントを出す(世界の)H田さん。
さんかく7
 それを見て(?)笑いが止まらないH口さん
 この笑顔を引き出すのも『デイサービスの仕事』ですね。
さんかく16
 おしゃべりメインの女性陣の間で、考えている(風の)H口さんが好きです
さんかく12
さんかく11 さんかく13
 けっこう出ましたね
 さて、書き出していきましょうか
らしからぬT2
 各チーム、たくさん書いていただいたのですが、進行していたC葉センセーと着ているTシャツのギャップがあり過ぎて、ホワイトボードに目がいきませんどうしたんでしょうか頭にもハートが刺さっています

 一応、多く出したチームの勝ちですが、目的はランキングではなくコミュニケーションなんですね『さんかく』はきっかけなので『雨が降ったら桶屋が儲かる』みたいにどんどんちがう話に広がっていっても、その時間はアリだと思います。

 他にも、答えの数をたくさん出すのではなく、一つのテーマで意見を出し合ってまとめたものを、グループごとに発表してもらうのもいいかな、と思います
 
おまけの一枚。
「オセロ」
さんかく15
 文明の利器で『さんかく』を探す色白M坂さんと、こんがりガールMっちゃん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ギャラリー『3号車』

「最後のスイカ」
目隠す前に閉じる
 目隠しよりも先に目を閉じるM成さん
スイカアゲイン3
 今週もやりました
スイカアゲイン1
 もう、シーズン終了なんですね
 (売っているところを)見つけるのが大変でした
スイカアゲイン5
 さ、食べましょう
スイカアゲイン6 スイカアゲイン7
スイカアゲイン8
 MSKさんもスイカは大好きなようです!

 平成最後のスイカは本当に甘かったですね
 来年は○○最初のスイカを食べましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「歌の時間、ですよね?」
怒ってます?
 O野君が撮ってくれたSずさん(左)とH田さん。
 『東京ラプソディー』で何故そんなに怒っているんでしょうかH田さん・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今週の一枚。
「四つ竹と共に夏を締めくくる」
四つ竹さん1
 8月最後の一曲は『涙そうそう』。
 久々にK名さんの四つ竹と一緒に演奏できました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 さてさて。
まるちゃん
 たった4日前の記事なのに、もうずいぶん前の話に聞こえてしまいます。
 『ちびまる子ちゃん』の作者、さくらももこさんが亡くなられました。

 世代的に、ぼくはもう成人に近かったので、それほど見てきた訳ではないのですが、『サザエさん』と共に日曜日の夕方を作ってきた国民的アニメである『ちびまる子ちゃん』の作者の死はやはり衝撃的でした。

 53歳、乳がん。

 ぼくの母親もがんによる多臓器不全で55歳で亡くなりましたが、やはり50代のがんは細胞自体が若く、進行も早いのでしょうか。終末期、二俣川の県立がんセンターの婦人科病棟で緩和医療を受けている頃、まだ意思の疎通ができた母親は言いました。

 「がんを治す唯一の方法は、がんのことを好きになること」
 「だから『闘病』という時点でもう間違ってるんだよね。戦っちゃダメなんだよね」

 これは究極だな、と思いました。
 自分の内側の手の届かないところで増殖しまくって身体を破壊しまくっている奴を「好きになれ」「そこにいてもいいんだよ」なんてガンジーの100倍非暴力でも無理だろ、と。

 そんな話をしたおよそ40日後、戦に敗れた母は亡くなりました。

 あれから14年。
 今はもうそれほど思い出すこともないですが、芸能人や著名人の方ががんで亡くなるたびに、ナースステーション脇の『最期の部屋』で話した時の声が聴こえてきます。

 さくらももこさんのご冥福をお祈りします

 それではまた来週。
 車掌 森田でした

(クリック等)お忘れ物の無いよう、
ご注意ください。
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
ありがとうございました
Comment:4  Trackback:0
back-to-top