FC2ブログ
2018
10.13

機器の進化と想像力みたいな話

 こんにちは 森田です
 ご乗車ありがとうございます。
小怪獣
 今週も怪獣(小さい方)と二人、留守番しながら書いています
 TVの中のヒーロー達に助けてもらいながら、こっそりと物音を立てずに進めていきます

・・・・・・・・
APM, it's you.
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
力の限り
・・・・・・・・

 回想列車 ラベンダー号、
 まもなく発車します。

  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「機器の進化と想像力」
重巻巻6
 写真はちょっと前にやった『巻き巻きゲーム』
 サランラップの芯に付けた紐をくるくると巻き取りながら、先端に付いた輪っかの中身を手繰り寄せるというもの。

 今週月曜日も久々に(でもないか)このゲームをやっていました。しかし手首の痛い方や動かしにくい方のために、途中から紐を直接引き寄せるゲームに変更したところ、とてもハイレベルなスピード勝負に!

 もっとこう、慎重に慎重に・・・みたいなノリをイメージしていたんですが、思いの外、輪っかの中身は転がり出すことなく収まっていて、気づけば手に汗握る展開になっていました

 みなさんあまりにも速いので、見ているスタッフも何だか微妙な判定に・・・
 もう一度、仕切り直しです

 僅差の勝負はK田さん(手前)の勝ち!!
 決着の後、TKJさん(奥)が少し残念そうに俯いたようにも見えます

 これはスマートフォンで撮りました
 動画だけじゃなくて音声も入るので、その場の雰囲気を伝えるのにはとても便利ですよね

 撮影機器の進化により、どんどん鮮明になっていく一方で、「伝えすぎてしまう」というか、見る側の想像力を削いでしまっている気もします。
 
 ご利用者のみなさんが子供の頃、主要なメディアといえば『新聞』と『ラジオ』でした。文章、もしくは音声のみでニュース等は伝えられていた訳です。情景を読み取るには想像力が必要で、きっと各々の解釈によって伝わるイメージは違っていたと思います。

 例えば小説の中に『赤いドレスを着た女性』と書かれていた時、複数の読み手の中で全く同じ女性を想像することは不可能だと思います。でもそれで、いいのです。そこら辺の想像を足していって、手に取ったその小説は完成するのですから。

 読んだことがある小説が映画化されると、だいたい『何か違うよな』と感じるのは、文章を読んだ時、勝手に頭の中で描いていた場所や、勝手に聴こえていた主人公の声との間にギャップがあるからです

 これ、想像力ですよね

 この回想列車もほとんど動画を使うことなく、写真と文章で構成してきました。もちろん正確な情報を発信するのは大切なことですが、行間を読むというか、

 「あぁ、きっとここにいたら楽しかったんだろうな」

 とか、想像してもらう部分は残しておきたいのです

 これからもこのスタイルで書いていきたいのですが、twitterやinstagram等、ほぼライブ配信に近い情報の洪水の中で『週1回更新』というのは、いささか悠長過ぎるのか、と感じる今日この頃であります

 という訳で、試験的にinstagram開設してみました。
 →→→こちらからどうぞ

 うまく使えるかどうかは分かりませんが、動画はこっちに載せてみようと思っています

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今週の数枚。
「甘すぎるもの」
最高に甘いもの3
 雑学王KB田さんです。
 午前中、お風呂待ちの間に書き出しプリントをやってもらいました。お題は『つるつるしたもの』と『甘いもの』。雑学王の解答はこちら。
甘すぎるもの
 最高に甘い!!
最高に甘いもの2
 読書家でもあるKB田さん。
 やはり豊かな想像力でした

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 さてさて。
Newシューズ
 今月に入って走った距離は31km、とまだフルマラソン1回分(42.195km)も走れていません

 そこで少しでもモチベーションを上げるために、新しいシューズを買いました。今まで自分の実力よりもちょっとだけ背伸びしたレベルのシューズで練習をしていましたが、これはまさに今のぼくにピッタリで本当に楽に走れます

 タイムを期待するのは、やめました
 
 今まで文面上は「4時間切りは無理」とか言っていても、当日を迎えると「絶対に4時間切ってやる」と奮い立たせ、実際に何とか達成してきましたが、今年は本当に練習が足りません

 『怪我すること無く完走すること』が目標のマラソンは恐らく、2012年の初マラソン以来ではないでしょうか。

 横浜マラソンまであと2週間
 あとは少しでも楽に走るために体重を落とそうと思います。しかし食欲の秋とはよく言ったもので、

 ごはんが美味しいのです

 体重1kgあたりおよそ3分タイムが違うという話もありますから、去年と比べて単純に○○分遅れ・・・・

 ががが、がんばります

 それではまた来週!
 車掌 森田でした

(クリック等)お忘れ物の無いよう、
ご注意ください。
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
ありがとうございました
Comment:0  Trackback:0
2018
10.06

破られる大記録

 こんにちは 森田です
 ご乗車ありがとうございます。
爪痕
 週明けの月曜日朝
 チャーミー(台風24号)の残していった爪痕が街中の道路を狭くしていました。

・・・・・・・・・・・・
送迎時こんなのばっかり
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
土木事務所は大忙し!
・・・・・・・・・・・・

 回想列車 ラベンダー号、
 まもなく発車します。

 

「破られる大記録」
大記録破る2
 ラベンダーの丘の風船バレーはネットを挟んでの対戦型ではなく、みんなで輪になって座って風船をレシーブしていき、

 「いーち、にーい

 とみんなで数えながらカウントを積み上げていく、というもの
 これまでのレシーブ最高記録は今から約3年前、2015年12月8日に記録した、
1389回
 1389回!(写真は当時)
 それ以前の記録691回を大幅に更新したこの記録は、ラベンダー史上における『不滅の大記録』と呼ばれ、何度か挑戦したものの最早近づくことすらできない数字でした。
大記録破る1
 一回だけクローズアップしてみると、たかだか目の前に来た風船をちょん、と手で上げるだけなのですが、床に落とすことなく最低でも30分以上続けないと到達できません
大記録破る3
 腕や肩はもちろんのこと、常にちょっと上を見ているので首も相当疲れます
 何より疲れるのが『目』です。みんなで輪になって内側を向いている以上、オートマチックに風船の行く末を目で追ってしまうのです

 しかし、100回、500回など節目の数字を超える時の「ワッ!」となる感覚が、みなさんの連帯感と集中力を維持させ、目の前に来た風船を上昇させるのでした

 1000回を超えて桁が変わったころから、みなさん『記録更新』を意識し始めました。ひょっとしたらいけるんじゃないか、と

 1920年、米メジャーリーグの伝説的プレーヤー、ジョージ・シスラー氏が記録したMLB年間最多安打記録257本は、2004年にイチロー選手が年間262安打を放ち、84年ぶりに記録を更新しました

 1996年、誰にも真似できない独特のピッチ走法で、20世紀のアメリカ陸上界を席巻したマイケル・ジョンソン氏がアトランタ五輪200mで出した19秒32という記録は、当時「向こう100年間は破られない」と言われましたが、その12年後の2008年北京五輪でウサイン・ボルトによって破られましたね(19秒30で優勝。現在19秒19まで更新)

 そして2018年10月1日、「22世紀まで破られない」と言われた()このラベンダー記録が3年ぶりに更新!その数、
大記録破る4
 1515回!!
 おめでとうございます!!

 前列の4人の手が(1515)になっていますねあれ、よく見ると後ろのみなさんの手もですね
 大記録達成後、風船が床に落ちる瞬間のみなさんは『歓喜』よりも『安堵』の表情でした

 この記録もきっと、「ドラえもんが誕生するまで(2112年)は破られない」でしょう

 みなさん本当におつかれさまでした!!
 しっかりと首と肩を回して、アフターケアをしましょう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ギャラリー『3号車』

「美容師さん」
美容師さん2
 髪型に全く無頓着なO野君
 元美容師であるM川さんはそんな彼を見て、
 「ちょっとそこ座んなさい」
 と浴後のドライヤー用の櫛を手に取り、O野君の髪を梳かし始めました
美容師さん1
 「ほらこれでどうだい」
 と仕上がりに満足げなM川さん。今度は整髪料とかいろいろご用意しますので、奇抜な髪形にしてやってください!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「算数の達人」
計算の達人
 百ます計算をサラサラと進めるSずさん(左)と、訪問介護部からヘルプで来てくれたS田さんありがとうございます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ダブルコーンは笑わない」
ダブルコーン
 同時にバースデーのお祝いをしたTJさん(左)とM上センセー(右)。
 これ、バースデーソングの直後なんですが、なかなか笑ってもらえませんでしたね

 おめでとうございます!
 いつまでもお元気で!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今週の一枚。
「ザ・サイレントマン」
静かに回す
 静かな手つきでビンゴマシーンを回すレジェンドY内さん(102)と、傍らで見守るSSさん(左)とE氏(中)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 さてさて。
横浜マラソン2018
 『横浜マラソン2018』の案内が届きました
 
 家に帰るとなかなか走る時間が取れないので、いっそのこと仕事終わりにラベンダー周辺を走ってから帰ってみようと思い、早速昨日やってみました。

 清水橋交差点から野庭団地方面へ上り、そのまま舞岡を抜けて明治学院をぐるりと回り、環状3号線に出て小山台の坂を上り切り、再び鎌倉街道へと下り、清水橋へと至る周遊コース。距離にして約11kmでしたが、強烈なアップダウンの多いコースは磯子のフラットな埋め立て地を走り慣れたぼくにとっては、なかなかのハードコース

 坂道は、手っ取り早く心肺機能を高めるいいトレーニングになります
 走った後の肉体疲労に反比例して、精神は心地よい充実感に満たされました

 ここからの回復ののち、走る前よりもほんの少しだけ心身がバージョンアップされる感覚を繰り返して、少しでも以前の身体に近づけようと足掻いてみます。
 
 本番まであと3週間
 チャンスがあればまたやったろかい

 それではまた来週!
 車掌 森田でした

(クリック等)お忘れ物の無いよう、
ご注意ください。
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
ありがとうございました
Comment:2  Trackback:0
2018
09.29

ドント・ルック・バック・イン・アンガー

 こんにちは 森田です
 ご乗車ありがとうございます。

 今週は事務作業やら何やらとフロア以外の作業が多く、気がつけば
 写真を1枚も撮らずに終わってしまいました

 仕方がないので、デイサービスとか高齢者とか、認知症等にまつわる『おもしろい話』や『ちょっといい話』、『ためになる話』を上手いことまとめて書こうとしていましたが、それはぼく(森田)の言葉ではないですし、このラベンダー号の役割ではないな、と思って途中で書くのを止めました。

 申し訳ありませんが、今週の『回想列車 ラベンダー号』は運休とさせていただきます

 代わりといっては何ですが、
 家のパソコンの中を探っていたら、昔書いたしょうもない日記みたいなのが出てきましたので、掲載しておきます。一応『ラベンダーにまつわる話』ではあるかな・・・。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」

 午後7時、戸締りを確認して転送電話をセットし会社を出た後、最寄りのJR港南台駅までT社長の車で送ってもらった。
 「お疲れ様でした。」
 去りゆくミニクーパーのテールに向かって頭を下げた後、ぼくは財布から回数券を出して、そそくさと駅の改札を抜け、ホームへ降りるエスカレーターに乗った。動き出したエスカレーターが階段1段分も下りないうちに、携帯電話を会社に忘れたことに気がつく。最後に置いた場所(タイムカード打刻機の横だ)も明確に思い出した。 やれやれ、せめて改札を抜ける前に気づかないものだろうかと、落ち着いたまま呆れた。

 「ホームでお待ちのみなさま、会社に携帯を忘れた阿呆の入場です。」

 と構内放送が入り、ぼくはゴンドラに乗った新郎のようにゆっくりとホームに降りていく。ホームの客たちはぼくを指差して笑っている。冷やかすように指笛を鳴らす者や、仄かに甘く匂う安い紙製のクラッカー。中国の旧正月のようなよくわからないパーカッションもカンカン鳴り響く中、ぼくは東海林太郎か藤山一郎よろしく、スーッと直立不動で降りていく。キツネ目の男が巨大な銅鑼をゴァーンと鳴らした。

 ひと通り、嫌な想像をし終わってもまだホームに着かないので、自らの足で2、3段歩いて降りた。すぐにくるりと踵を返し、上りのエスカレーターへ乗り込む。決して後ろは振り返らないし、怒りに転嫁してはならない。上り終える時もまた2、3段タタッと歩いて地上階へ戻った。
 駅員に事情を話し、改札の脇から外に出してもらった後、まだ近くにいるかもしれない社長に戻ってきてもらえないかと電話をしようと思い、少し緊張した。

 アホが。だからその電話がないのだ。

 気温も下がってきた午後7時半。ぼくは社長に送ってもらった道のりを、自分の足で走って戻ることにした。



 後に、ランニングを始めるきっかけになった事件。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 まつわってないか

 改めまして心よりお詫び申し上げます。
 来週は通常運行いたしますので、またのご乗車お待ちしております。

 それではまた来週!
 車掌 森田でした

(一応クリック等)お忘れ物の無いよう、
ご注意ください。
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
ありがとうございました
Comment:2  Trackback:0
2018
09.22

「へぇ~」より「そうそう」

 こんにちは 森田です
 ご乗車ありがとうございます。
うみはひろいな
 ようやく暑くない陽射しの季節になってきましたね
 空梅雨だった6月を含めると、かれこれ3か月以上暑かったことになります

・・・・・・・・・・・・・
長い夏でした
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
そしてリバウンドのような雨
・・・・・・・・・・・・・

 回想列車 ラベンダー号、
 まもなく発車します。

 

「回想法ライブラリー」
回想トーーク1
 9月に入ってしばらく経ったある日、ラベンダーに郵送物が届きました。
 「送料201円お願いします」
 受け取ったのはC葉センセー。突然料金が発生する展開に驚いたのか、
 「え?、少々お待ちください。」
 と、レクリエーション進行中だったぼくのところへ来て、
 「森田さんこんなの頼みました?」
 と小包を持ってきました。宛名を見ると『NHK』とあります。何だこれ?と思いつつ記憶を遡ること2秒、「はっ!」と思い出しました。
 「そうそう、ぼくが頼んだやつです」
回想トーーク4
 NHKが介護施設向けに無料(送料は別)で貸し出ししている『回想法ライブラリー』。確か7月頃、新聞の折り込みチラシだったか何かで見つけて申し込んだのを、すっかり忘れていました。しかし、に、2か月後に届くとは・・・職員の『回想』も狙って遅らせていたらすごいですが、そんな訳ないか
回想トーーク6
 雨の一日となった木曜日(と金曜日)の午後、さっそくみなさんと見てみました
回想トーーク13
 DVD2枚組、一つのトピックで約3~5分程度の映像が年代別、ジャンル別、都道府県別等に分けられておよそ8時間分入っています。リマスタリングされた映像はとても鮮明ですし、音源も聞きやすく、邪魔にならないようなタイミングで解説も入っていて、とっても視聴しやすく工夫されています
回想トーーク10
 何より内容が素晴らしい
 戦中の子供たちの映像などはまさに、現在デイサービスに通っているみなさんとほぼ同世代なのでみなさん、
回想トーーク16
 そうそうそうそう!
 と共感の嵐でした
回想トーーク9
 1トピックが終わるごとに映像が止まり、その内容に関する『問いかけ』が出てきて、みなさんとおしゃべりする時間を設ける構成になっています。これは進めやすいですね
回想トーーク8
 カエル取り
 食用ガエルは当時一匹2円で売れたそうで、大の大人が泥だらけになって追いかけている画を見て、
回想トーーク11
 鉄人S藤さん(水色)も笑っちゃってます!
 その辺の『ストライクゾーン』の広さもこのDVDの良い所ですね
回想トーーク14
 M山さん(手前)もご自身の体験と併せてまさに『回想』していました
回想トーーク15
 TKJさん(95)はこのDVDに出てくる戦中戦後の子供たちよりもずっと年上なので、当時大人だった目線で振り返っていました
回想トーーク3
 みなさんとおしゃべりしながら進めたので、あっという間に時間も経ってしまいました。映像としては1時間分も見ていないので、まだまだ楽しめそうです

 進めていて気がつきましたが、みなさんが楽しそうな瞬間て、

 「へぇ~」
 よりも、
 「そうそう」

 なんですよね。
 もちろんこれは「昔懐かしい映像ですよ」と先にアナウンスしているので、ご利用者のみなさんも『そのつもり』で見ている、というのはありますが、長い長い人生を辿ってきたみなさんにとっては、真新しい驚きの映像と昔懐かしい映像を見比べた時、何というか『居心地がいい』のは後者の方ではないかと思います。

 脳内の書庫に眠る記憶の扉を開け、みなさんと『シェア』することで脳を活性化させて情緒を安定させる効果があると言われる回想法。その根底にあるのは『共感』と『承認欲求』です。

 Facebookやinstagramで『過去pic』と称して昔の写真をアップしている人がたくさんいますが、これも脳内を辿るルートは回想法と同じなんじゃないでしょうか。

 まぁ、この回想法をやり過ぎたからといって昨今言われている『SNS疲れ』のような『回想疲れ』は起こらないとは思いますが、DVDの映像もまだ7時間分以上も残っていますので、頃合いを見てまたみなさんとおしゃべりしたいと思います
回想トーーク12
 いいね!
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ギャラリー『3号車』

「Nobody knows」
どすこい体操1
 回想トークの後は少し身体を動かしましょう!ということで、女性スタッフ3人に
 「やり方は問いませんので、とにかく体を動かす時間を作ってください。」
 とお願いしました。まずはぐーーん!と伸びをしています。おや、後ろのテレビに何か映像が準備されていますねなんでしょうか?
どすこい体操2
 いきなり始まった『どすこい体操』に一同(スタッフ本人たち含む)唖然!何と誰も動きを把握していないという事態こんなのを『始められる』のはただ一人。。。
どすこい体操6
 (世界の)H田さんです
 しかし終わる頃にはみなさんも何とかなってしまい、けっこう仕上がって終わりました

 スゴいな~
 とりあえず始めてしまうそのハート、ぼくも欲しい・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今週の一枚。
「M川さんとマロンさん」
回想トーーク5
 カメラ目線のM川さん
 うしろで見守るマロンさんがなんと和ましい顔か

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 さてさて。
電チャリ
 初めて電動アシスト付き自転車を買いました
 いや~最近の電チャリはものすごいんですねーアシスト機能はもちろん、鍵もキーレスですし、子乗せシートのベルトもよ~く考えられています。

 これでまた休日が楽しくなりそうです
 明日はどこ行こうかな

 それではまた来週!
 車掌 森田でした

(クリック等)お忘れ物の無いよう、
ご注意ください。
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
ありがとうございました
Comment:2  Trackback:0
2018
09.15

いつまでも99歳差で

 こんにちは 森田です
 ご乗車ありがとうございます。
JR磯子駅前海側
 『仕事帰り』が暗くなってきました
 気づけば来週はもう、お彼岸ですね。

・・・・・・・・・・・
朝も柔らかく。
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
太陽は低く、雲は高く
・・・・・・・・・・・

 回想列車 ラベンダー号、
 まもなく発車します。

 

「いつまでも99歳差で」
102歳と3歳3
 今週金曜日、ラベンダーの丘最高齢のご利用者であるY内さんのバースデーをお祝いしました。御年、
 102歳です!!
ケーキ_R
 今年のケーキは何と、写真プレート(食べられます)が付いています!ラベンダーBBQの時にノンアルコールビール片手に微笑むY内さんですさて、まずはみなさんでハッピーバースデーの歌でお祝いしましょう!といきたいところでしたが思わぬお邪魔が・・・・・・
102歳と3歳1
 レジェンドY内さんは1916年9月8日生まれ。そして私事で大変恐縮ですが、その99年後の2015年9月8日にぼくの娘は生まれました。端っこでマロン林さんに抱っこされていますが、超絶人見知り場所見知りである我が娘はフロア全体に響き渡る声でギャン泣き進行を妨げてしまい本当に申し訳ありませんでした
102歳と3歳2
 何とかみなさんでバースデーソングを歌い終えると、Y内さんは深々とお辞儀をしていましたギターも入り、娘も少し慣れてきたかな?と思い、ロウソクの火を一緒に消そうとしゃがんでみましたが・・・、
102歳と3歳4
 再び泣きじゃくり!!
 それでもY内さんはゆったりと招き入れてくれました
 じゃ、一緒に吹きますよ~、せ~の~
102歳と3歳5
 ふ~~~~
一応テーブルの下で娘も吹く真似はしているようです
102歳と3歳6
 最後の一本を吹き消すと、フロアからは割れんばかりの拍手が!!
花束贈呈1
 ここでご利用者を代表して、古くからのトランプ仲間でもあるH口さんに花束を渡していただきました自分よりも一回り以上年下のH口さんに深々と頭を下げるY内さん。本当にすてきです。
花束贈呈2
 着席し、改めてみなさまへ感謝の気持ちを述べるレジェンドY内さん。今年もお元気にバースデーを迎えられたその姿を見て涙ぐむ方、多数しかも、ぼくの娘の誕生日も絡めたお話もいただいたのに・・・、
花束贈呈3
 やっぱり泣いてしまいました
 ちなみに2年前、100歳と1歳の時はというと・・・、
2年前
 泣いていました
 偶然か、狙ってかは分かりませんが、Y内さんは100歳のお誕生日の日と同じシャツを着ています!
レジェンド囲み1
 さ、全員でY内さんを囲んで記念撮影といきましょう!
レジェンドと記念撮影1
 ケーキを食べた後は、みなさんの憧れ&目標であるY内さんと一緒にワイワイと撮影会になりました左端にはY内さんに次ぐ年齢であるTKJさん
レジェンドと記念撮影2
 K田さん(左)とAB名さん
レジェンドと記念撮影3
 いいショットだなー!
 ラベンダーの『トムとジェリー』SSさん(左)とH口さん。いつも仲良くケンカするこのお二人も、心からY内さんをリスペクトしています。
レジェンドと記念撮影7
 親子ほど年も離れているK名さん。いい顔!
レジェンドと記念撮影5
 「大好き」のメッセージと顔のギャップがものすごいH田さんが好きです
レジェンドと記念撮影8
 ようやくようやく慣れた(?)娘も何とか一緒に座り、一枚撮ることができました
花束贈呈5
 102歳の誕生日を迎え、歴代でもラベンダー史上最高齢のご用者となったY内さん。
 本当におめでとうございます
 これからもどうかどうかお元気で、ラベンダーの丘へいらしてください。

 そして帰り際までずっと、我が娘に柔らかく笑いかけて最後は握手までしていただき、ありがとうございました。来年のお誕生日も必ず(人見知りもなおして)連れてきますので、また一緒にお祝い出来たら最高に幸せです
ぐったり娘
 それではまた来週。
 車掌 森田でした

(クリック等)お忘れ物の無いよう、
ご注意ください。
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
おめでとうございます
Comment:2  Trackback:0
back-to-top